[ブランスリーってどんな雑誌?] [ブランスリーネット]
月刊ブランスリーの記事をちょっとだけお見せします。
ブランスリー電脳ちょっとだけ版
外麦100%から内麦100%へ - ラ・ブランジェ・ナイーフ [2015年12月号 お店拝見]

「ラ・ブランジェ・ナイーフ」の外観。白壁に赤いドアが映える。椅子の上には飾られたパンはまるで活け花のような美しさ

製造は谷上正幸さんが1人で行う
9年の休業を経て再オープン

 東京・世田谷区の東急世田谷線若林駅近くに今年9月、「ラ・ブランジェ・ナイーフ」がオープンした。「ラ・ブランジェ・ナイーフ」はかつて、東京・中目黒で11年半営業した人気ベーカリーだ。9年間の休業を経て、今回場所を改めての再オープンとなった。
 交通量の多い通称「環七通り」沿いにある同店は、真っ白な壁にくっきりと映える赤いドアという鮮やかさが、周りの喧騒から一線を画す存在感を放っている。
 店内も、赤い床と白い壁、白い陳列棚と、赤と白で統一されている。3坪ほどのコンパクトな対面式の売り場には、約30種類のパンが並ぶ。白い壁面が背景となって、パンがより一層引き立って見える。パンを製造するのは、オーナーシェフの谷上正幸さん。谷上さんが同店のパンをすべて1人で作り、妻のフミエさんが販売を担当する。
 パンが並ぶ奥に目を向けると、小さなガラス窓越しに厨房の様子が見える。売り場と同様に白い壁で、清潔感を感じる厨房だ。そこで、真っ白なコックコートを身に着けた谷上さんが作業をしている。その眼差しは、真剣そのものだ。
 厨房は約6坪で、10人の製造スタッフがいた以前の店舗の、およそ半分の大きさだとい...(月刊ブランスリー2015年12月号へ続く)

パン職人、ブーランジェのための情報 ブランスリーネットTOPICSモバイル ブログパン通販製パン製菓機械・材料 ブランスリー業者街店舗設計施工・店舗備品・店舗什器 店舗開発展調理・製パン・製菓・栄養士の専門学校 食専学サイトマップブランスリーブックスパンの本洋菓子の本和菓子の本カフェの本 求人情報パン屋さんリンクブランスリーリンク集話題投稿投票リンク・雑誌掲載等メルマガ広告掲載プライバシーポリシー会社概要
有限会社ブランスリー報道社 〒156-0043東京都世田谷区松原6-26-15つるやビルA303
TEL.03-5355-5026 FAX.03-5355-5029 ホームページ http://www.blsnet.co.jp/
Eメール このサイトの内容を無断で転載することを禁じます。